書籍・雑誌

心通じること、生きること。

谷川俊太郎さんの「いきる」はあまりにも有名で、教科書にも掲載され教材になっています。
特に合唱にたずさわる方には、この「いきる」や他の谷川俊太郎さんの作品はお馴染みだと思います。
私の蔵書(そんな立派なわけではありませんが‥)にも、谷川俊太郎さんの「いきる」があります。
「いきる」を筆頭に、それを職業とするわけでない様々な人の思いが綴られています。

学生の頃、この「いきる」が教材として使用された時、とても退屈極まりないものでした。
今よりさらに未熟な感受性では理解ができませんでした。
少し齢を重ね、日常が連続ではない事。
諸行無常のわずか一旦でも知る事。
そうして様々な物事の捉え方は「いきる」がまったく理解できない頃からは変化しました。

素敵な人との出逢い。
美しい音楽に感動する事。
美味しいものを食べて、しあわせな気持ちになる事。
哀しい事も相変わらずやっぱりありますが、人生が豊かになったと感じています。

「君の膵臓をたべたい」
この書籍を購入して読んだ後、アスペルガーの二男に読むように勧めました。
通学時、電車の中で読んだそうですが、本人は今ひとつピンとこなかった模様です。
それは私が谷川俊太郎さんの「いきる」を初めて読んだ時の私と、あまり変わりがないのでしょう。

読後に書評をいくつか読みましたが、酷評が随分とありました。
ごもっともな指摘も大変多く、楽しんで読む事が出来た私は改めて未熟さを認識しました。
でも、得かなと‥思います。

私はハッとさせられました。
というか、言葉を得たと思いました。

「生きるってのはね」
「……………」
「きっと誰かと心を通わせること。そのものを指して、生きるって呼ぶんだよ」
……ああ、そうか。
僕はそれに気づいて、鳥肌が立った。
彼女の存在そのものと言える言葉が、視線や声、彼女の意思の熱、命の振動となって、僕の魂を揺らした気がした。
「誰かを認める、誰かを好きになる、誰かを嫌いになる、誰かと一緒にいて楽しい、誰かと一緒にいたら鬱陶しい、誰かと手を繋ぐ、誰かとハグをする、誰かとすれ違う。それが、生きる。自分たった一人じゃ、自分がいるって分からない。誰かを好きなのに誰かを嫌いな私、誰かと一緒にいて楽しいのに誰かと一緒にいて鬱陶しいと思う私、そういう人と私の関係が、他の人じゃない、私が生きてるってことだと思う。私の心があるのは、皆がいるから、私の体があるのは、皆が触ってくれるから。そうして形成された私は、今、生きてる。まだ、ここに生きてる。だから人が生きてることには意味があるんだよ。自分で選んで、君も私も、今ここで生きてるみたいに」


君の膵臓をたべたい / 住野よる

谷川俊太郎さんの「いきる」にもある、どこか普遍的な事を感じるのです。
人が生きることの普遍的な事を感じるのです。

この原作が映画化された事を後に知りました。
Amazonプライム・ビデオの見たい候補に入れておきましたが、先日他の書籍を買いにTSUTAYAに立ち寄った際に、DVDをレンタルして見ました。

原作を損なわない素晴らしい出来で、付け加えられたストーリーもとてもよかったです。
先ほど引用した言葉も映画の中で使われています。

この主人公を演じる浜辺美波さんがとても可愛い。
若ければ夢中になってしまったでしょう。
すっかりファンになりましたが‥。
引用した言葉も劇中に台詞で彼女が話します。
それは本当に名シーンです。

この小説にもう一つ、私がとても印象に残る言葉があります。

「違うよ。偶然じゃない。私達は、皆、自分で選んでここに来たの。君と私がクラスが一緒だったのも、あの日病院にいたのも、偶然じゃない。運命なんかでもない。君が今までしてきた選択と、私が今までしてきた選択が、私達を会わせたの。私達は、自分の意思で出会ったんだよ」

君の膵臓をたべたい / 住野よる

人生は肯定的に捉えられる事ばかりではないけれど、すぐには出来なくても、どこかで自分を肯定できる日が来る事。
それが、その後をしあわせに生きること事が出来る近道じゃないか‥と思います。

タイトルにかけた構成もシビれました。
この映画の最後にMr.Childrenのhimawariが流れます。
先日、街で同じMr.Childrenの「つよがり」が流れていました。
フト思い出し、帰宅した後に家で聴きました。
これが主題歌でもよかったかな‥なんて思いました。

原作も映画もとてもよかった。
とても得した気分でした。

こどもの本

私は読書が好きで、1カ月に仕事に関連する書籍を含め5冊前後を読みます。
空港や駅での待ち時間など、空白の時間を利用します。
入浴時も読書している事が多く、ついつい長風呂になります。
半身浴も兼ねて、一石二鳥としています。
ちなみに妻も同じで、入浴時によく読書をしています。

本棚は仕事に関連する本と、それ以外で棚を区別しています。
並んだ背表紙を見て、最近は子供に関する本が多いなぁ…と思いました。
意識していたのではないのですが、無意識に関心ある同じ方向を選択するのですね。
その中から、印象が強かった本について少し。

【ご注意】各書籍のストーリーに触れる部分があります。

■明日の子供たち/有川 浩



子供たちを傷つけるのは親と一緒に暮らせないことよりも、親と一緒に暮らせないことを欠損と見なす風潮だ。
子供は親を選べない。
自分ではどうにもならないことで、欠損を抱えた者として腫れ物のように扱われる、そのことに子供たちは傷つくのだ。



この本の中心はこの言葉ではないかと思うのです。
施設で暮らしているだけで、かわいそうから全てが始まり、そこで区別されるのではなく差別される。
かわいそうだと思う気持ちの反対に、必ず施設の子供なのにという逆差別が潜んでいると思うのです。

また、選挙で票にならないから、児童福祉部分がエアーポケットとなる現実がとても理解しやすく書かれていました。
本の中で示されている通り、今日施設で暮らす子供は、明日選挙権を持つ大人になるのです。
この視点でこれからの政治を動かす事、それが手段となる事を示すのは、新しい素晴らしい案だと思ったのです。
ストーリーも、とっても良かったです。
ノンフィクションの様な説明調になるのではなく、登場人物の恋模様や人物像と絡めてストーリーが進行するので、読者はとても上手に引き込まれるのです。

■世界の果てのこどもたち/中脇初枝

「みんないい子」から、私はすっかり中脇さんのファンです。
3人の少女の友情を絡めながら、満州開拓団の戦争終結後の事を描いています。
日本へ引き上げるまでの家族の死と離散。
新しい場所での生活と、その場所とその時代をのせて、物語が厚みを持って進みます。

いろいろな事情を知らず、知らされず、時代の大きな流れに巻き込まれる市井の生活。
そして、そこで生き抜かなければならない壮絶さがあります。

先の悲劇を思い、自分の妻と子供に手をかける人の修羅。
「ぎっちりいい子になるから…」と殺さないでと懇願する子を、殺さなければならない親の気持ち。
幼いころに慣れ親しんだ土佐弁であり、その事が最後までとても印象に残りました。

今も、この物語の主人公のひとり「珠子」があるいた約150㌔の道には、たくさんの哀しみがあります。
山崎豊子さんの「大地の子」や青山繁晴さんの話と、様々な事を思い起こしました。

中国残留孤児のニュースは子供の頃の話しでした。
その記憶にある映像が、色彩を持って、音を持ってよみがえりました。
そして、人の生きた道である事を改めて感じたのです。

■朝が来る/辻村深月

人間誰もが持つ、誰かに認められたいという気持ちが小説の登場人物の中に満ちています。
とても痛々しい気持ちになるのです。
でも、それは自分がいる世界であり、自分が当事者であり、すぐ近く、どこにでもある世界の出来事であると感じました。

物語は唐突に終わります。
私は唐突に終わる事があると思います。

自分が誰からも相手にされない、価値も存在も認められない、ひとりぼっちだと思っていた人が、そうではないと思える瞬間から変わるのだと思います。
生きる気力も、生きる方向も、生き方も変わる…と私は思っています。

ストーリーの中で、広島のお母ちゃんは繰り返し裏切られます。
心を許し、今度は…と思いますが、繰り返し繰り返し、その思いは踏みにじられます。
裏切られます。
絶望の淵で、最後に人の温かみに触れ、求めていたものに出会います。

残りページが少なくなっても続く不幸に、どのような結末になるのか、とてもドキドキしました。
でも、最後に待っていたのは、この大逆転でした。

-----------------------

いずれの3冊でも、登場人物はたくさん傷つきます。
これでもか、これでもか…というぐらい。

そして、その傷は幼い日の出来事や、誰かの暖かい言葉。
人のやさしさが救いとなります。
人を傷つけるのも人ですが、人を癒すのも人ですね。

他にもたくさんがありますが、これぐらいに。
飛行機や新幹線、地下鉄で瞳をうるうるさせながら小説を読んでいるおじさんは…私かもしれません。

*文章中、作者のお名前について、敬称を略しております。

とっても男前です。

25歳で人事から営業へ異動した時の事です。
大変忙しい日々を過ごしました。
今から思えば、覚えなければならない事も多くあり、当たり前の事ですね。

寝食忘れて仕事に取り組んでいた時期です。
当時、個人で用意していたパソコンの能力では、大きなデーターを処理するのには、大変な時間が必要でした。
家庭用プリンター、その性能はオフィスのものとは比較になりませんでした。
しかし、自宅で仕上げをし、明日の商談に利用するデーターとなると辛抱強く印刷完了を待った記憶があります。

プリンターの信用性も低かったので、セットして眠り、朝起きたら印刷が完了している…は信用出来ませんでした。
プリンターの横で、ウトウトしながら印刷具合をチェックしていました。

休日も早朝深夜も当たり前にある状況で、夢中になって取り組んでいる時は、本当にがむしゃらでした。
楽しくもありました。
しかし、ふとした瞬間に(これでいいのか…?)という思いがよぎる事がありました。

自身の能力は度外視をして、深堀をして行けば際限はありません。
仕事の範囲は広がり、自分のわずかな能力向上では、その広がりについて行けません。

ふとした瞬間の(これでいいのか…?)という思い。

でも、私は単純です。
一生の内で寝食忘れて仕事に取り組む時期があってもいい。
もうダメだと思ったら、降参しよう。
…との結論に至りました。

今思うと、この時期の取り組みが、その後にとても役に立ったなと感じています。

GQ JAPAN 2016年2月号掲載の記事「2016年、GQが注目する23人の女たち」にダンサーの菅原小春さんのインタビュー記事がありました。

「ダンスは自分のライフスタイルを語れる場所です。いくら上手でも、ライフスタイルが薄かったら、ダンスに味や渋さがでない。 たくさん映画を観たり、色んな街を歩いたり、色んな人と話したり、自分の人生を濃く色づけて、それをダンスにでたら一番格好いいはずです」

彼女は踊っていなくても個性的でユーモアに溢れている。いまは人生=ダンスだけれど先にダンスが終わった後に人生が残る日がくるとも話す。

「毎回100%踊って、今日壊れてもいいやという気持ちでやっています。そのせいか、これを一生やりたいとは思いません。いけるところまで全力でやって、いつかダメになったら悲しいけど、その代わりに始まることもある、と。
実は、ダンスをやめて女の人生を始めるときが来るといいなとも思います(笑)。そのときは髪を伸ばそうかな」世界中のファンにとってはショックな予言だけれど、長い髪もきっとすごく似合うはずだ。

「2016年、GQが注目する23人の女たち」より菅原小春

いいですね。
とっても男前です。

生きることに無駄な事はなく、全てが自分を彩る糧となる。
そして、100%で取り組むこと、取り組める事には後悔はない。
こんな風に思える事は、とても素敵ですね。

締め切りまで、まだ少し時間がある

週末、大阪は天候不順で、なかなか外出の決心がつきませんでした。
新緑旺盛な緑を見に京散歩でも…と思っているのですが、行ってから雨は嫌だという気持ちが決心を鈍らします。
仕事でするゴルフのグリーンより、やっぱりそっちがいい…と気持ちははやります。

…雨が降っても関係がないかと梅田の本屋さん、紀伊國屋書店に行く事としました。
紀伊國屋書店が入っているグランフロント大阪へ行くと警備員さんが整理するぐらいの人。
なんじゃこりゃ…と思っているとバーゲンでした。

私は本屋さんが好きです。
フランスではAmazon反対法案が可決されたとの事。
主にこれはAmazonの配送無料サービスを禁止する法案です。
フランスでは書籍のネット販売は書籍購入方法のおよそ17%。
内、Amazonはおよそ70%を占めるそうです。
消費者の立場であれば、配送無料サービスは歓迎するサービスです。

フランスの文化相は町の本屋さんは文化の重要な担い手との認識です。
それ故、個人の書籍店は必要との認識。
このフランスの文化相がどういう背景があるのか知りませんが、私はこの文化相に1票です。

2000年にはパリに1,400店あった書店が50%も減ったとの事。
これはAmazonの無料配送が原因だとの事で、先の法案可決となったと模様です。
フランスでは書籍の値引きはネットでも5%と範囲が決まっているそうです。

日本では1999年に22,200店あった書店が2013年には14,241店に減少。
現在、国内の書籍流通は1位Amazon、2位TSUTAYA、3位紀伊國屋書店、4位BOOKOFF、5位ジュンク堂書店と続くそうです。

大阪別宅の近くには本屋さんがありません。
駅に併設してありますが、雑誌とベストセラーが中心です。
なかなか目的の書籍がある時しか入りません。

話しはそれますが、コンビニエンスストアにある雑誌売り場の片隅。
よく成人向け雑誌が陳列されていますよね。
あれ、東京オリンピックまでに撤去する…なんて話があるそうです。
その是非はともかくとして、あまりあのコーナーが広いとガッカリしますね。
あういう事は隠れているからこそ淫靡であり、そそると思うのです。
開けっ広げで、さあ来いみたいに堂々とされていると、ちょっと盛り上がりに欠ける気がします。
失礼しました。
話がそれました。

私は本屋さんが好きです。
TSUTAYAのCMで宮沢りえさんが話しているのと同じで、書籍の香りとか雰囲気とか、そういうのが好きです。
昨日も紀伊國屋書店には都合2時間程いたと思います。
Amazonも利用します。
その後の欲望を刺激する直球はなる程と思うのですが、関係ないところで新しい発見のある本屋さんブラブラは楽しいのです。

都合、3冊購入しました。
2冊は仕事に関連する書籍でした。
1冊はパラパラ内容を見て、買ってしまった書籍です。

Photo

それでも僕は夢を見る
作・水野敬也 画・鉄拳

水野敬也さん。
今、トイレに置いてある書籍が「人生はニャンとかなる!」です。
座って用を足す際に読むのにナイスなセンテンスの書籍です。

【ご注意】
もし、この「それでも僕は夢を見る」をお読みになる予定でしたら、このセンテンスは飛ばして下さい。
内容は是非、本書をご覧頂く事として、タイトルから想像できると思いますが、とてつもないマイナスからの振り戻しがあります。
それに加えて、本書の構成が素晴らしいのです。
ベートーヴェンの交響曲第9番が第1楽章から第3楽章までダメダメと繰り返しているのに、第4楽章でどんでん返しの様に。
他の音楽に例えるなら、メロディがまったく変わるのです。
それは延長線上にあるのではなく、しあわせに満ちた美しいメロディが、そこから新たに始まるように。
そのメロディはとても美しくて、やさしくて。

立ち読みはお勧めしません。
泣いても知りませんよ。
明日生きる希望を失い迷った事がある人なら、響く事があると思います。
今般の記事のタイトルは「それでも僕は夢を見る」より借用しました。

もし、私がメロディを作る事ができたら、このタイトルの言葉から先はやさしくて強いメロディですね。
包み込み、昇華する様な、そんなメロディがいいですね。