旅行・地域

人が生きた場所に連綿と残る思い。

妻と交際をしている頃。
過去の思い出から行きたくない場所があったとの事。
私と交際をする様になってからは、その思いは消えたと話されました。
むしろ、その場所へ私と行き、新しい思い出に塗り替える方が良いとの事でした。

私にもあります。
私は忌むべき場所というより、戒めの場所です。
そこは社会人になって、傲慢で自意識過剰、私が自身を見誤った場所です。
今でも、その近くに行くと、「戒めの地」としてわが身と心を引き締めます。

昨日まで仕事で金沢におりました。
ここにも多くの思い出がありますが、仕事で訪れている時に、いちいち感傷に浸る事はありません。

しかし、朝移動のために在来線のホームで電車を待っている時の事。
向かいのホームの電車を見て、少しいくつかの思いがよぎりました。
電車には詳しくないのでわかりませんが、ずいぶん長いこと現役だろうな…と思う車両でした。

Img_2654

そんな事からの連想です。
メンデルスゾーンの交響曲第3番イ短調作品56「スコットランド」を思い出しました。

弱冠20歳のメンデルスゾーンがバッハの《マタイ受難曲》蘇演という歴史的快挙を成しとげたのは、1829年3月のこと。
その1ケ月後、彼は初めてのイギリス旅行に出発する。
しばしのロンドン滞在の後、7月末に彼はスコットランドに赴き、悲運の女王メアリ・ステュアートにゆかりの城を訪れた。
「深い黄昏の中、私達は今日、女王メアリが生き、そして愛した宮殴に行きました。
…そばの礼拝堂は今は屋根がなく、芝や蔦がはびこっていました。
そこの壊れた祭壇で、メアリはスコットランドの女王として戴冠したのです。
何もかもが壊れ、朽ち果てており、明るい空の光が射し込んでいます。
今日そこで、私はスコツトランド交響曲の冒頭を見つけました。」
彼は16小節分の楽想を書き留めた。

メンデルスゾーン交響曲第3番イ短調作品56「スコットランド」
指揮:クルト・マズア
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
CD楽曲解説より引用 1988年10月吉成 順

偉大な音楽家と自分を同列にする気は毛頭ありませんが、人が生きた場所に連綿と残る思いがあるのだと考えるのです。
人はそういう事を感じるのだと思うのです。
いい事ばかりじゃないかもしれないけれど、悪いことばかりじゃない。

故郷は様々な思いがあり、とても素晴らしい場所であったりします。
風景はもちろん、空気や言葉。
料理や食べ物。
人は永遠ではないので、その場所で変わらずに続きものに思いをはせるのではないでしょうか。

Img_2649

この交響曲大好きです。
第1楽章は本当に悠久の歴史を回顧するようにちょっと寂しげに始まります。
でも、第4楽章のフィナーレは賛歌の様な気がするのです。

人が生きることはきっと…。

福島からの学割切符

先日の出張先からの帰りの事です。
JRから私鉄への乗り換え改札で、「あなた通っちゃダメ」と自動改札に阻まれました。

あれ、ちゃんと切符買っていたのだけれど…と思い、自動改札が「切符はここだよ、ここ」と差し出しているところから切符を抜きました。
おかしいなぁ…?
パスモの残高も間違いないし…。
確認をすると切符が2枚ありました。

Img_1661

その日、私は長野からの帰りでした。
もう1枚の切符は福島からの切符でした。
3月に福島への出張予定があり、切符は手配済みでした。

あれ、間違えて発券した切符で通ったかなぁと切符を確認しました。
切符を確認すると、クレジット購入のマークがない事で、ああ自分のではないとわかりました。
そして、その切符には学割のマークも印字されていました。

学生さんの忘れものか…。
切符をしげしげと眺めながら、ずいぶん遠いところから来ているんだなぁと思いました。
帰省から東京の滞在先に帰るのか…。
受験かな…。
東京で暮らさなければならない事情があるのか…。
1枚の切符にたくさんの勝手な思いを重ねました。

再度、自分の切符とパスモをかざすと、自動改札が「どうぞ、お通り下さい」とゲートを開けてくれました。

コラーッ! は世界に通用する言葉

先日、海外出張でイタリアへと行きました。
国内で取り扱う製品の最終仕様が決まり、残り詳細を決定する商談が主でした。
あわせて、取引先の工場見学も兼ねていました。

国内からは6人。
日本各地にある営業箇所の関係者です。

商談はかなり難航しました。
午前中から始まった商談は大幅に時間を延長する事となりました。
昼食で一時休戦。
近くのレストランへと案内されました。

P1050862

昼食。
おいしいけれど、とてつもなく量が多い。
通訳をしてくれる人が昼食を始める前に「あの…ゆっくり食べてください」と言っていた意味がよくわかります。

どの料理もとてもおいしい。
しかし、量が多く長い食事時間は、その後が心配になるぐらいでした。
11人の食事。
内、一人はドライバーでしたので、飲酒不可ですが、ワインが前半で4本空いています。
…なぜ前半か。
最後は数えていない…覚えていないのです。

食事の最後に「食後酒だ」と言って案内されたお酒があります。
グラスの小ささと瓶についている注ぎ口がどれだけ強いお酒であるかを物語っています。
グッと飲み干します。
グヘッ~。
ホスト側はその反応が楽しく仕方ありません。

日本に観光に来た外国人に、納豆などの発酵食品などを食べさせて、反応を面白がるのと大差はありません。
しかし、同行した人に、この酒をものともしない酒豪がおります。
黙っておかわりのグラスを差し出し、先方を驚嘆させています。
身長は2メートル近くあり、身体も大きい方です。
あまり口数が多い方ではありません。
仕事は職人みたいな方で、寡黙ながらガッチリと確かな仕事をする方です。

お酒は入っても午後の商談になると、皆営業マンの顔です。
厳しい商談は続きます。
一部をそれぞれ持ち帰る事とし、翌日の商談とし延長戦になりました。

せっかくのイタリアですが、本当にまじめに仕事。
…出張だから当たり前ですが。
早起きをして、ホテルの周辺を少し散策しました。

P1050972

帰国前に今般の出張の成果を確認する事と今後の対策を検討するため、皆で昼食をとりました。
笑っちゃいますが、解放感からみんな飲みたいだけです。
ホテルで案内してもらったレストランを出て、ほろ酔い気分ながら、これまたそのレストランで聞いたジェラードのお店に行きました。

46歳の私が一番若いのに、いいおっさんがそろってジェラードに舌鼓を打っています。
しかも立ち食い。

P1060006

そして、ホテルへ荷物を取りに帰る道すがらの事。
ちょうど学校が終わり、校舎から子供たちが勢いよく飛び出してきした。
中学生ぐらいかな…なんてみんなで言っていたのです。

どこにでもいるいじめっ子。
3人で少し小柄な子にちょっかいを出しています。
しかし、見ていて愉快になる光景ではありません。
そんな気持ちが高まっていた時です。

コラーッ

猛烈に大きな声が通りに響き渡りました。
それは私の後ろから頭上を越えて響きました。
突然の大声に私は驚いて肩をすくめました。

子供達が動作を止めて、こちらを見ています。
するともう一発。

コラーッ

いじめっ子が退散して行きます。
それはお酒の強い職人の様な仕事をする、その人でした。
私が振り返ると、ニヤッと笑いました。