スポーツ

枯野を美しい沃野に

P1060671

ビジネスに限らずですが、互いに利害が一致するところを見出す事が出来ない事は多々あります。
多々ありますが、気持ちが入っている案件ほど、上手に行かないとガッカリするものですよね。
そんな事は…日々あります。

芥川龍之介の「枯野抄」を読んだのは高校生の頃。
その内容の凄絶さに、心がうすら寒くなった記憶があります。
人の利己的な部分をこれでもかとあぶり出しながら、「でも、それはいつかの自分かもよ…」と言われている様な気がするのです。
それは間違いなく自分の心の中にある、利己的な部分と共鳴するからだと思います。
私にはホラー小説より怖かったのです。

テレビ番組でよくありますが、ゴールを想定して番組を作る作り方が見ていられないと最近思います。
例えば、その人の死が、遠くないところにあると感じられる時。
後から、この時はとても笑っていましたとか、元気でしたとか、あの日が転機となりました。
…その後の追悼番組の為に、その為に撮影しているのではないかと感じる事がある時。
まさに枯野抄に登場する、その人の様に。
そう感じる私の心が枯野なのでしょうか。

健康を失ってみて、初めて健康の大切さに気づくように…。
大切な人を失って、その人がいかに大切な人であったかを想像以上に思い知る事があるように…。
自分が傷つき、初めて人の哀しみを理解出来たり…。
我々はその当事者にならなければ理解が出来ない事が多々あります。
人の哀しみを、業の深さを思います。

しかし、ゴールを想定作られたその番組を見て、その人の人生をわずかに垣間見て、心が激しく動く事があります。
哀しみが、心に響く事があります。
その反対に、不撓不屈の魂に、心揺さぶられる事があります。
特にビジネスで困難な場面に遭遇して、苦しい時に。

1974年10月30日。
ザイール共和国でのモハメド・アリとジョージ・フォアマンの対決。
キンシャサの奇跡を。

勝利を最後まであきらめない事。
どこかで、取り返しができる事を思う。

モハメド・アリはその時が来るまで、ジョージ・フォアマンの強烈なパンチに耐え、その時を待っていたのだから。
下馬評ではジョージ・フォアマンの圧倒。
ブランクもあり、当時ピークを過ぎたとの評価のモハメド・アリ。
観客はモハメド・アリの負けっぷりを観戦するようなもの…なんて言われていたそうです。

モハメド・アリは諦めなかった。
ジョージ・フォアマンのパンチに耐えながら、その時を待った。
そして勝利した。

1996年アトランタオリンピックの最終聖火ランナーに、病身ながら登場しました。
震える腕で聖火を持っていました。
震えながら立っていました。
あの姿を見た時、彼の言葉「Impossible Is Nothing(不可能な事はない)」を改めて思い出しました。

大好きなバンドのSUM41。
しばらく新作アルバムは発売されず、昨年6年ぶりのアルバムが発売されました。

ヴォーカルのデリック・ウィブリー(Deryck Whibley)は離婚やアルコール中毒に苦しみ、死の直前まで行きました。
相次ぐメンバーの脱退。
しかし、献身的に支えてくれた今の奥さんに、たくさんの先輩に、励まされ見事に復活しました。
そして、仲間も帰ってきたのです。

新作アルバム「13Voices」は、まるで復活の狼煙…ん、叫びかな。
どの楽曲もその復活のエネルギーが満ちていると感じるのです。
最近は気分を盛り上げる時に、よく聴きます。
通勤電車で毎日聴いています。

人生はわからない。
大逆転もあるのだ。

座礁した案件も、あきらめない。
可能性を探る事をやめない。

様々な人の人生から、その生き様に、勇気づけられます。

先生からの長い手紙

P1010049

先日、二男が「空手はがんばっても級が上がらないので、やめたんだ」とポツリつ呟きました。
その日の夜、私は二男に「思い違いをしているようなので、話しておく」と話しました。
「君に空手の稽古をやめさせたのは、級の進捗がどうこうではなく、先生が変わった事が理由だ」と改めて説明しました。
「君自身の進歩のスピードが問題ではないんだよ」と話しました。

長男は小学校に入学後、野球やサッカーには興味を持つ事が出来ませんでした。
私はその事を気にしていませんでしたが、本人は何かやってもいいなと考えていた様です。

私が学生時代に空手を稽古していた事は、少なからず影響があると思います。
長男は近所に空手教室が開かれると、入室しました。
小学3年生。
今から野球やサッカーを始めても、どうしても追いつかないと考えた模様です。
そこで、誰もやっていない空手を始めたのも、気持ちの中で大きかったと思います。

先生の指導方針もあるので、私は長男の稽古には一切の口出しをしませんでした。
教室から本部道場の合同稽古にも参加する様になりました。
親バカですが嬉しかったし、中学進学と同時に初段となる事も出来ました。

そんな兄を見ていた、二男はあまり考える事なく、同じ教室に入りました。
幼稚園の年中さんの時でした。
しかし、その時に二男はアスペルガー症候群である事はわかりませんでしたが、なかなか稽古に身が入らず苦戦していました。
でも、稽古に参加する事を苦痛とは感じてはいない模様でした。

ある日、稽古が終わった後で、その教室で指導者をしていた先生と話しをする機会がありました。
話をする事を目的に、訪問したのです。
それは、長男と比較すると進歩は遅いが、二男は懸命に取り組んでいる。
長い目で指導をお願いしたいとのお願いでした。

その先生は女性でした。
汗が引いていない、その道着姿のまま、その女性の先生は、私の目をまっすぐに見ながら言いました。
「○○(二男の名前)を絶対やめさせてはいけません」

その後、自分より年齢が下の者や、後から入室した子供に二男は進級が出来ず、遅れてゆく事となりました。
先生の指導は変わらず厳しいものであり、二男が特別扱いされる事もありませんでした。
二男本人は逃げる余地、やめるという選択肢はないと仕方なくだったかもしれませんでしたが、愚直に稽古は休まず続けていました。

ある日から、その先生は教室に指導に来る事がなくなりました。
交代で本部道場から、他の先生が指導に来ていました。
どうも事情を聞くと、本部と契約や指導方針に関わる点でトラブルがあった模様でした。
二男の取り組み意欲は、明らかに低下していました。

年賀状を子供たちが交換していた事から、私は手紙を書きました。
その内容は、自身が空手の有段者である事。
先生の指導方針に大賛成であった事。
何より、ちょっとこわいけど、二男が先生を大好きである事。
だから、契約等大人の社会の問題は勿論あるが、是非先生に帰ってきて、再度指導をお願いしたいという気持ちを伝えました。

返信がありました。
先生からは指導に行けなくなった事に対するお詫びがありました。
そして、教室の子供たちにも、とても会いたい、また一緒に稽古したいとの、せつない気持ちがありました。
他に様々な事情が書かれていました。

返信をしました。
その中に、先生の様に人の哀しみを知り、その哀しみを力に出来る人が一番強く、そしてやさしいと考えている事。
面談をした時に、面談をしてよかった、この先生にお願いをしたと思った、その確信は間違いではなかったと思っている事を書きました。

数日後に頂いた返信は、便せんで8枚にも及ぶ長い手紙でした。
先生自身が空手を始めた経過から、それは凄絶な人生の出来事が書かれていまいた。
先生には複数人の障害を持った子供がいる事が書かれていました。

子供への果てしない愛しみの気持ちが、進歩の遅い二男を暖かく、その進歩を見届ける、その気持ちが理解できる人である事。
絶望も、哀しみも、喜びも知るからこそ、強くやさしい事を思いました。

二男の進級試験を見学に行きました。
その夜、二男には、違う事にもチャレンジしてみようと話しました。
二男から異論はありませんでした。

その後、当時指導をされている先生に、やめる旨の話をしました。
二人の若い男性の先生は、残念ながら「それは致し方のない判断ですね」との反応でした。

勝つことに執念を燃やすその姿

営業は結果をしめされる職種です。
数字に追われる事は、誰でもが望まない事ですが、数字と格闘するのが宿命です。

考え方もいろいろとあり、現在の仕事内容では大きく分けてふたつのタイプがあると思います。
積み上げで数字を考えるタイプと数字を分解し、この数字を達成するにはどうするのかと考えるタイプです。
商品Aを10個販売をするのなら、誰さんに2個、誰さんに3個と考えるタイプ。
商品Aを10個売るならば、どこで、誰にアピールすれば10個売れるかと考えるタイプ。
傾向はあると思いますが、その両方を考える方が強いと思います。

共通しているのは、最後まであきらめない事だと思います。
苦しい時は、つい出来ない理由を探しがちですが、必ず出来ると自分を奮い立たたせて取り組む事が一番のポイントだと思います。
なんとか出来ないか…と考えると、今まで気がつかなかったポイントに気づき、活路が見出せる事があります。

今般のラグビーワールドカップで、全日本と南アフリカのゲームは素晴らしかったです。
最後まで勝利にこだわり、勝つことに執念を燃やすその姿は、多くの困難な事に取り組む人に、勇気を与えたと思います。

ふふっ…でも、この事を引き合いに出して、営業部の仲間に訓示する様な事はありませんよ。
そんな野暮はしません。

ところで、私は会議や打ち合わせの中で、自分の意見が他の人と対立したり、受け入れられない、同調する人がおらずひとり…なんて事がよくありました。
そんな時に、自分を奮い立たせる時に、映画「インビクタス」でマンデラ大統領が心の支えにした詩を思い出します。
この映画、アパルトヘイトを終えた南アフリカ共和国を、マンデラ大領領が白人と黒人の融合をどう進めてゆくか…がテーマになっている映画です。
そこに南アフリカのラグビーチームが関与します。

この映画に関わる事は過去の記事にございますので、よろしかったら是非ご覧ください。
「負けざる者たち」
http://an-easy-light.cocolog-nifty.com/bloglight/2013/08/post-7e39.html

INVICTUS 負けざる者たち
ウィリアム・アーネスト・ヘンリー

私を覆う漆黒の夜
鉄格子にひそむ奈落の闇
私はあらゆる神に感謝する
我が魂が征服されぬことを

無惨な状況においてさえ
私はひるみも叫びもしなかった
運命に打ちのめされ
血を流しても
決して屈服はしない

激しい怒りと涙の彼方に
恐ろしい死が浮かび上がる
だが、長きにわたる脅しを受けてなお
私は何ひとつ恐れはしない

門がいかに狭かろうと
いかなる罰に苦しめられようと
私が我が運命の支配者
私が我が魂の指揮官なのだ

INVICTUS - William Ernest Henley

Out of the night that covers me,
Black as the Pit from pole to pole,
I thank whatever gods may be
For my unconquerable soul.

In the fell clutch of circumstance
I have not winced nor cried aloud.
Under the bludgeonings of chance
My head is bloody, but unbowed.

Beyond this place of wrath and tears
Looms but the Horror of the shade,
And yet the menace of the years
Finds, and shall find, me unafraid.

It matters not how strait the gate,
How charged with punishments the scroll.
I am the master of my fate:
I am the captain of my soul.

この詩の中の

私が我が運命の支配者
私が我が魂の指揮官なのだ


この部分が大好きです。

しかし、この日本チームの勝利も映画の素材に十分耐えうると思います。
感動しました。