« 真夏の雨・真夏の通り雨 | トップページ | 自分の中の真実を探す旅でした。 »

いつものように家に帰ろう。

日々、いろいろな事が起こります。
例えば、今日は…と思っていたら、結局深夜まで仕事をする事になった。
こんな事は一度や二度じゃないですね。

営業ではクレームがつきもので、避けて通れません。。
今、自分は取引先を直接担当する立場ではありませんが、自分が同じ立場であった時の事を思います。

クレームや問題が発生すると、重大な場合は私に連絡が来ます。
連絡の内容を聞き、解決に指示やアクションが必要な事がある場合は、その場で行います。

そして、一連の作業の最後に当該担当者に必ず聞く事にしている事があります。
「今日出来る事は全てやったね?」

重大なクレームや取引先から激しく怒られたりすれば、すぐに気分転換をする事はとても難しいです。
しかし、その日に可能な事を全て行ったのなら、ジタバタしても始まりません。
特に国内にいない時は、もどかしく、どうしようもない事が多々あります。

「今日出来る事は全てやったか?」
自分が取引先を担当する立場の時でも、この事をそういう場面では自問していました。

いつもいつも、そんな簡単ではありませんでしたが…。
心がけです。



眠そうなストアーのレジスター
自動ドアが連れて来た秋の風
信号機が街角染めて
少しは気分もかわったら
いつものように家に帰ろう



September Blue Monn / 松任谷由美

この楽曲が入っているアルバムは「Delight Slight Light kiss」です。
かの有名な「リフレインが叫んでいる」からスタートするアルバムです。

このアルバムを初めて聴いた時、やっぱり「リフレインが叫んでいる」はそれなりの衝撃でした。
しかし、アルバムの最後が「September Blue Moon」で、なんだかとてもしあわせな気分になるのです。
特に「いつものように家に帰ろう」というこの歌詞がとても好きです。
これ隠れた名曲です。

私には楽曲のイメージに、湘南海岸のロケーションがあります。
話を聞いてくれる友達がいて、気がすんだなら帰ろう。
そんな想い出と重なります。
背中を丸め、足をぶらぶらさせながら、あの海岸に座る自分が見えるようです。

いろいろあったけど、あるけれど、家に帰ろう。
大変だった今日一日を終えて、明日も頑張ろう…。
ここでの家は、自分の一番いい場所とするのがいいなと思います。

映画アンタッチャブルでも、ション・コネリーが演じるベテラン警官が、ケビン・コスナー演じる新任に心得を伝授します。
その第1条は「仕事が終わったら、必ず家に帰る…」という事でした。
これにどれだけの意味が込められているか、映画を見るとわかります。

斉藤和義さんの楽曲「歩いて帰ろう」も大好きです。
街は急いでいる、雲は流れている。
でも、私は今日歩いて帰る。
自分のホームグランドへ。

いつものように家に帰ろう。

« 真夏の雨・真夏の通り雨 | トップページ | 自分の中の真実を探す旅でした。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつものように家に帰ろう。:

« 真夏の雨・真夏の通り雨 | トップページ | 自分の中の真実を探す旅でした。 »