音楽

2024年3月28日 (木)

裕福な父親からもらったお金持ちへの扉を開ける鍵を捨てる。

P1010136

貨幣は人間の信用において成り立つものであり、それ自体が機能するのではありません。
材やサービスの価値の対価として認識する事が可能となる事で、その機能を発揮します。
暗い近未来を描く小説や漫画は、物々交換経済に戻り、貨幣が価値を失う場面が描かれる事があります。

貨幣の信用がある今でも、お金より大切、お金では買えないもの。
貨幣の価値、金額で示せない事があります。

最近、少し前の記事でU2の楽曲の事を書いて、その時アルバムを聴き直しました。
従いまして、またU2の楽曲に関係する事です。

I have a lover,
A lover like no other
She got soul, soul, sweet soul
And she teach me how to sing

Shows me colours when there's none to see
Gives me hope when I can't believe that
For the first time I feel love

U2 / THE FIRST TIME

僕には恋人がいる
かけがえのない恋人
彼女にはハートがあり、限りなくやさしいソウルがある
そして僕に歌うすべてを教えてくれる

道を失いそうになると、意見を明らかにしてくれる
信じることが出来なくなると、希望を与えてくれる
初めて僕は愛を感じている

U2 / THE FIRST TIME
アルバムより引用

愛する人。
愛してくれる人。
大切な人とのつながり。

絆という言葉が適切なのでしょうか。
何か、言い足りない気がします。

そして、その絆の先にも愛する人。
愛してくれる人。
家族や恋人に限らない、そんな人がいる。

楽曲中で、裕福な父親からもらったお金持ちへの扉を開ける鍵。
その鍵を捨ててしまいます。
その鍵で開けた扉の先には、自分にとって素晴らしい世界ではない。
しあわせなつもりでいる父親は、本当はしあわせではない。

楽曲のメロディに同じく、じわじわと来る感情です。
ある日突然、気がつく日が来ても。
潮が満ちる様に、その思いが、その思いで満たされて行く。

歌詞、メロディ共にシビレます。

2024年3月21日 (木)

大人になるという事。やさしさと強さを持つ事。

Akatsuki202

宮尾登美子さんの原作をもとにした映画「夜汽車」。
映画の公開当時は学生で、その内容はよく理解出来なかったと思います。
それぐらい記憶にないのです。

宮尾登美子さんの著作も、読んで少し感情移入できる様になったのはおそらく40代。
しあわせで、20歳前後の辛い人生経験もない小僧には「愛憎」や「情念」と言われて、なんのことやらだと思います。
でも今は、それ故の無鉄砲さや勢いが、今と比較にならないエネルギーとしてあったと感じています。
その時々でいいですよね。

映画は記憶にないのですが、主題歌となったクロード・チアリさんの「夜汽車」はお気に入りでした。
おそらくまだ、実家にレコードがあると思います。
長じて、その楽曲が入ったCDを買いました。

哀切この上ないメロディ。
ヴァイオリンと競い合う、演奏のエネルギー。
「愛憎」や「情念」なんて言葉を理解出来ない当時の私でも、その深さを楽曲に感じる事が出来ました。

少し話が変わります。
ジョン・レノンのアルバム「imagine」に「How?」という楽曲があります。
その歌詞に、こんな言葉があります。

How can I give love whe Idon't know
what it is I'm giving ?
how can I give love when Ijust d'ont know
how to give ?
how can I give love when love is something
I ain't never had ?

与えているものが何かも知らずに
どうして愛を与えられるだろう
当たる方法さえ知らずに
どうして愛を与えられるだろう
愛というものをもらったこともないのに
どうして愛を与えられるだろう
できっこないよ できっこないさ

John Lenon / imagine より 楽曲「HOW?」引用

知らない事。
これから知る事。
知らない方がいい事。
知っていなければならない事。

大人になるという事。
やさしさと強さを持つ事。

春分の日の休日に、夜汽車の「愛憎」と「情念」に聴いていたCDの楽曲がリンクしました。

2024年3月18日 (月)

ローザ・パークスにささげた「Pride (In The Name Of Love)」

Akatsuki202

1955年12月1日の出来事。

アメリカでは、まだ公民権法が施行される前で、黒人と白人の間には明確な差別が存在。
そのような環境下、当時公共交通機関であったバスは、前席が白人専用、後席が黒人の指定席だったとの事。

その日、白人の席は満席だったため、白人の運転手が黒人席の最前列を空けるように言ったのです。
そこに座っていたのは、ローザ・パークスという黒人女性でした。

彼女はその要求を拒否。
逮捕されてしまいます。

この不当逮捕から、黒人がバス乗車のボイコット運動を始めます。
たったひとりの彼女の闘いが、やがて全米を巻き込み、公民権法の施行へとつながってゆきます。

最初は、彼女のたったひとりの闘いでした。

いつ、エキサイトな事が起こるか、人生はわからないです。
私たち誰かの一挙手一投足が、世界を変える始まりになるかもしれません。
ローザ・パークスの人生も、大きな変化が始まります。

毎日、同じ事の繰り返しだと思っていた生活が、ある日突然変わる。
生きている事が、誰かの生きる希望になる。
人生はわからないです。

本日通勤時のBGMはU2がローザ・パークスにささげた「Pride (In The Name Of Love)」でした。

2024年3月11日 (月)

月曜の朝は、気持ちのエンジンを全開にする燃料が必要です。

Akatsuki202

朝の通勤時、気分が明るくならない。
なんとなく行動よりも思考が先行し、堂々巡りを繰り返す。

そんな時、様々な音楽を聴いて気分転換する事があります。
その中で頻度が高く、よく聴く楽曲があります。

モーツァルトの交響曲第41番第4楽章です。

上がる音階が繰り返され、いくつものメロディが重なる。
これがモヤモヤする気分を払ってくれる時があります。

もう1曲というか2曲
Scorpionsがベルリンフィルと共演したアルバム。
私にすると大好物が2つ一緒になった、スペシャルなプレートディナーみたいです。

アルバム「Moment Of Glory」の「Crossfire (Instrumental)」と「Deadly Sting Suite (Instrumental)」です。
派手に振り切りすぎている部分がありますが、それがまた気分が上がらない時は私にはいいのです。

メタリカのアルバム「S&M」もいいですが、ベルリンフィルとの闘いの様なこの楽曲が好きです。
車の中でこの楽曲を聴いた二男も気に入りました。
「ゲーム音楽の様だ」と言っていましたが、そういう部分もあるなと思います。

月曜の朝は、気持ちのエンジンを全開にする燃料が必要です。

2024年2月22日 (木)

福山雅治さん「福のラジオ」刷り込み。

Akatsuki201

学生時代から、ラジオが好きです。
現在、東京FMで14時から放送している福山雅治さんのラジオ番組「福のラジオ」。
番組名が「SUZUKI Talking F.M.」の頃から好きで聴いています。

長男が誕生したのが、1997年。
番組はその前の1996年スタートとネットにありました。

福のラジオは大好きで、聴くばかりですが毎週楽しみにしております。
週末車でお出かけ、車内での定番番組で、息子もよくわからない頃から聴いていました。

私は福山さんのアルバムで、「残響」と「HUMAN」が好きです。
これも週末のお出かけで、車内ではよく聴いていました。

そんな息子(長男)が先日結婚をしました。
結婚式はサプライズだらけで、事前には何もガイダンスはありませんでした。

結婚式で使う楽曲もいろいろ考えていた模様でしたが、非公開でした。
4歳からピアノを始め、音楽はいつもそばにある生活です。
福山さんの「家族になろうよ」はあるかな…と考えていました。

さて、ドレスへのお色直しの後、使った楽曲は…。
「蛍」でした。

親から見ると子供はいつまでも子供で、本人に大切な誰かが出来た時の事は、あまり想像が及びません。
やったなこいつ…。
福山さんの「蛍」の力を借りて、大切な誰かにそんな気持ちを伝えられる様になったのだ。
成長したんだな…と親父も感慨ひとしおです。

結婚式が終わり、帰りのタクシーの中で「蛍」を使っていた事を妻と話しました。
妻には意外ではなく、カラオケなどで息子は「道標」をよく歌うのだそうです。
幼い頃に刷り込んでしまいました。

ちなみに「家族になろうよ」も使わせて頂きました。
しかし、妻がいちばん感極まったのは、花束贈呈前の玉置浩二さん「しあわせのランプ」でした。
私は最後に両家を代表しての挨拶があったので、気持ちに余裕がありませんでした。

帰りに「蛍」が収録されているお得アルバム、「福の音」を買って帰りました。
結婚式の時の様々な所感は、別の機会に。

*この内容をモディファイして、番組にメールを初めて送りました。
 採用は極めて難しいと思いますが、ラジオへの投稿はおよそ30年ぶりでした。

2024年2月20日 (火)

自らの人生を映すような、その哀しみを歌う。

Akatsuki201

Taylor Swiftが、日本でのライブとスーパーボウルで、週末の様々なテレビ番組で取り上げられていました。
いくつも素晴らしい楽曲があり、私も大好きです。
お気に入りは「Enchanted」です。
イントロと楽曲の内容が、とても切ないです。

しかし、50歳を過ぎたおじさんからすると、もう忘れてしまった青い気持ちもあります。
そんな中でも、彼女の楽曲に普遍的な思いを感じるので、おじさんも魅了されてしまうのだと思います。

Olivia Newton-Johnを思い出しました。
私は「Xanadu」Olivia Newton-John & Electric Light Orchestraで知りました。
その後だと思いますが、、なんたって「Physical」がヒットし、あのPVを様々な番組で観ました。

当時、ヘヴィメタルキッズだった私は、世間が騒ぐほど気になりませんでした。
この楽曲のヒットの後に、まもなくMADONNAがデビュー、Michael Jacksonの「Thriller」発売と賑やかになったと思います。

私はOlivia Newton-Johnの楽曲で「sam」と「i honestly love you」が大好きです。
少し大人になってから、「sam」のさびしい事に対する正直な思い。
「i honestly love you」の心から愛している。
でも、ふたりで生きて行く事は出来ない。
Olivia Newton-Johnの自らの人生を映すような、その哀しみを歌うメロディは勿論、その声に魅了されました。

昨晩はアルバム「BACK TO BASICS」を聴きました。
「i honestly love you」は3回リピート。
静かな部屋に響きます。

23時ぴったりに、聴き終わりました。

あなたの新しい歌は、もう聴く事が出来ないけれど、今もあなたの歌が大好きで、心震えるのです。
大人になってから聴いたあなたの歌はきっと、誰もが抱く思いに同じで、そんな人々を癒し、勇気づける事に気づきました。
今夜、小さな部屋で、私が心震える様に、世界のどこかにもきっと、今夜私と同じ人がいるでしょう。

2024年1月23日 (火)

「ジョンの魂」 (John Lennon/Plastic Ono Band)が聴きたくなりました。

Picture

BEATLESが新曲を発売した事や、NHK映像の世紀バタフライエフェクトで特集された事の影響かもしれません。
昨年末、別宅から自宅に戻り、「ジョンの魂」 (John Lennon/Plastic Ono Band)が聴きたくなりました。

このアルバムのジャケットが好きです。
それは、そこにとても穏やかな空気が流れている。
私には、そんな気持ちになる写真なのです。

反して、アルバムは独白そのもので、孤独への叫びでいっぱいです。
孤独の原点を求めるような、その内容は聴く時と聴く覚悟を迫ります。

だから、自らを欺くことをせず、自らに正直に向き合い、苦しみの原点が孤独である事を知る。
例えれば、病気は何の病気かわからない事がいちばん不安ですが、特定されれば治療の方針が決まり、それはひとつの安心になります。

このアルバムを作る前に、心理療法を受診していたとの事。
そうして、過去から自分と向き合う事を始め、まさに魂の叫びとなる作品になったのだと思います。

自分で自分の心に向き合うには大変な事。
わかっていても、見ないふりをしてきた事を、避けられなくなるのは辛い事。
特に孤独だったり、さびしかったりする自分を見つめる。
それを認める。
辛い事であり、怖い事でもあります。

そして、だから聴く方にも覚悟を迫ります。

ジョンレノンの生い立ちに重ね、アルバム冒頭は「Mother」です。
歴史を感じさせる、そんな鐘の音です。
楽曲の内容を暗示する、哀しさを感じます。
お母さん、お父さん、いかないで…。
大人が、特に日本人の感覚だと、ストレートにこういう表現は出来ないと思います。

このアルバムが発売された頃は幼児です。
中学生でヘヴィメタルが大好きだった時、このアルバムの魅力は理解する事が出来なかったと思います。

この世には、よろこびもうれしい事もたくさんある。
だけれども、同じ数の哀しみや孤独、さびしさがある。
少し大人になってからわかる、このあるアルバムの良さがあると思います。

哀しみや孤独にさいなまさせる時、卑劣な連中がその心の隙に入り込もうとします。
何かに依存しても、一時忘れる事が出来る方法があっても、解決は出来ないです。
自らの孤独や哀しみ、苦しも、分かち合い、理解は出来ても、自分の心以外の場所に、その問題を解決する指示書を持つ人はいません。
より苦しみは深くなります。

そんな時、自分と同じ哀しみや苦しみで、とてもさびしい気持ちでいる。
苦しんでいる。
もがいている。
そんな人がいる。
でも、がんばっている人がいる。
それを感じる事が出来たら、どれだけ勇気づけられるでしょう。

こんな思いは自分だけではない…。
その時、わずかでも孤独は癒される。
そんな思いをさせてくれるアルバムです。
そんな思いが心に浮かびます。

ジャケット写真が示すように、誰かと何気ない会話が出来る。
何かを与えたり、何かを犠牲にしなければならない時間ではない。
他愛のない会話と穏やかに流れてゆく時間。

誰にでも、大切な時ですよね。

2023年11月 7日 (火)

だから、チケットは1枚づつ売れて行く。

Akatsuki200

だから、チケットは1枚づつ売れて行く。

先日、つけっぱなしのテレビから、尾崎豊さんの歌声が聞こえました。
テレビ朝日「関ジャム 完全燃SHOW」での尾崎豊さんの特集でした。

尾崎豊さんが活躍していた頃、その姿はあまり知りませんでした。
北の国から'87初恋の中で、楽曲「 I LOVE YOU」が象徴的に利用されており、印象に残っていました。
亡くなった事が報道された際も、その楽曲すら殆ど知らなかったので、特別な感情はありませんでした。

その後、尾崎豊さんが亡くなった家が、ファンの集うところになっているドキュメンタリー番組を観ました。
それは、尾崎豊さんを慕うファンが集まり、その姿を不憫に思った家主が家を解放した事から始まった物語でした。

そのお宅は今の表現だと聖地となり、多くのファンが訪れます。
その尾崎ハウスでは、ファン同士の交流は勿論、そこにお住まいの家主との交流があるとの内容でした。
ファンの思い、取り巻く環境、尾崎豊さんの存在、その楽曲が様々なところで語られます。

番組の最後、その家のオーナーの方が語ります。
そして画面は暗転し、「15の夜」と白文字で浮かび上がります。
生涯最後のステージとなった「BIRTH TOUR」最終日の「15の夜」ライブ映像が、そこから始まります。

魅了されました。

番組に興味があったと思いますが、録画をしていました。
この尾崎ハウスのオーナーのインタビューから、「15の夜」を歌い終わるところまで、繰り返し観ました。
繰り返し観ました。

翌日は週末で、結婚する前でしたが、妻とデートの日でした。
天気もよく、新宿御苑に行きました。

私は待ち合わせ前に、この「15の夜」のシングル(当時は8cmCD)を購入していました。
芝生の上に座って、その歌詞を繰り返し読み、そこで暗記してしまいました(今では絶対無理だけど…)。
…夢中になって繰り返し歌詞を読んでいるのに、よく愛想をつかされなかったものです。

尾崎豊さんのライブチケットは、一度に複数枚は売れないとの事。
ライブは友達と盛り上がりに行くのではなく、ファンひとりひとりが、尾崎豊さんに会いに行く場所。
だから、チケットは1枚づつ売れて行く。
そんなエピソードに納得していました。

2023年11月 6日 (月)

季節の冬が終わるだけでなく、人生の冬の季節が終わる。

Akatsuki200

季節の冬が終わるだけでなく、人生の冬の季節が終わる。

この週末は妻の実家へ行き、両親の様子を伺いでした。
共に高齢者なので、健康は重要な問題です。

車で行きましたが、その往復のお供はビートルズの赤と青のヒストリカルなベストアルバムです。
折しも、AIを利用したビートルズの最新楽曲が発表され、その事に触発されたと思います。

いずれの楽曲も、番組のメインメロディーだったり、CM曲であったり、今でも多く耳にする機会があります。
やっぱり、世界のスーパーバンドです。

当たり前ですが、どの楽曲も素晴らしい。
その中でも、どれか1曲と言ったら、何になるか?
聴きながら車中、そんな話になりました。

この両アルバムには含まれていませんが、「ゴールデンスランバー(Golden Slumbers)」とか他にも多々あり、そりゃ難しい。
妻は「ハロー・グッドバイ(Hello, Goodbye)」です。
漫才のナイツにも、この楽曲のネタがあるとの事。
流石、お笑い通。

私は「ヒア・カムズ・サン(Here Comes The Sun)」です。
ジョージハリソンの楽曲で、これも今もCM他の様々な場面で聴く事があります。

印象的なアコースティックギターで始まります。
それが、春をまじかに感じる事が出来る、そんな冬の終わりを思わせるのです。
そして、ここに太陽がというか、暖かい日差しがある。
そんな思いを感じるのです。

寒く厳しい冬に別れを告げ、暖かい春の日がやってくる。
季節の冬が終わるだけでなく、人生の冬の季節が終わる。
そんな気持ちになり、そんな事に思いをはせる事が出来る、この1曲です。

決勝に残ったのは「Blackbird(ブラックバード)」です。
アメリカの公民権運動にポールマッカートニーが触発され、ジョンレノンと作り出した楽曲とのエピソードを読んだ事があります。

You were only waiting for this moment to arise
あなたは飛び立つ、この瞬間を待っていた。

Blackbird  / The Beatles

あやしい和訳:ケンシロウ

…1曲だけ。
そりゃ難しい。

2023年11月 1日 (水)

しばらく会っていなかったのに、わかります。

Akatsuki198

しばらく会っていなかったのに、わかります。

少し前の記事で書いた、グリーグのピアノ協奏曲の事です。
記事を書いて、あのFMでエアチェックして、カセットに録音。
繰り返し聴いた、あの演奏は誰が指揮して、誰がピアノを弾いていたのだろうと考えました。

魅了されて、本当に繰り返し聴きました。

きっかけとなったウオークマンⅡのサンプルカセットは、中村紘子さんのピアノでした。
でも、エアチェックしたのは、明らかに違います。

同楽曲は好きなので、複数のCDがあります。
でも、違う…という感じです。

性懲りもなく、また買い求めました。

聴いて、すぐ感じました。
あっ、これだ。

クリスティアン・ツィマーマン(ピアノ)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン

なんだか、昔の知り合いに出会えたようで、うれしくなりました。

前半はシューマンのピアノ協奏曲です。
ウルトラセブンの最終回。
ダンがアンヌに自分がウルトラセブンである事。
この戦いが、最後の戦いになり、お別れである事を告げるシーンで冒頭部分がかかります。

それからは暗転してふたりのシルエットとなり、歌舞伎の回り舞台よろしく回りだします。
最終回だから、子供ながらにわかるけど、ええええ…です。

後半、グリーグのピアノ協奏曲は、そうこれだ…です。
懐かしい。
何度も聴いたよ。
やっぱりいいね。

うれしくなりました。
これで、グリーグのピアノ協奏曲を探す旅は終わりとなりました。

しばらく会っていなかったのに、わかります。

より以前の記事一覧