« 近頃親父が、昔の事を話す事があります。 | トップページ | アスペルガーの二男は今、厳しい局面にあります。vol.2「あいつ、辞めると言わないかな」 »

2024年4月 9日 (火)

アスペルガーの二男は今、厳しい局面にいます。

Akatsuki203

二男は厳しい局面にあります。

現在、ソフトウェアの会社に勤務しており、その仕事の大部分は派遣先での業務となります。
そこで、アスペルガー症候群の特徴でもありますが、周囲の環境との調和が難しく孤立しました。
それを応援してくれる人もいますが、知らなければ「変わり者」で終わってしまいます。

大学の研究室でもありましたが、全体の作業で自らが担う部分の認識が出来ず迷走します。
反対にここまで、いついつまでにの様な業務は、とてつもない集中力を発揮するので他人が驚く成果を上げます。

昨年の4月から都合2件の派遣先へ仕事へ行きました。
そこでは、仕事中に鼻歌を歌っているとか、居眠りしているなどの指摘を受けました。
二男の話を聞く限りでは(上手に状況を説明出来ないのも、過去から続く症例のひとつです)、意識していない事もあるし、現場で注意される事もある様です。
居眠りはしてないと本人は話しています。

本人の自覚は別として、短期間に新しい環境となる事は、他の方々よりも順応するまでに時間が必要です。
この事は的確に行動に反映されています。
慣れて落ち着くまで、気分がハイになり、自分の仕事の目処がつくと早合点して勝手に取り組みます。
その事が、直接の上長からは叱責の対象となり、本人は無自覚にしてしまっている事もある事から、よく理解が出来ません。

何か悪い事があると自責が強くなる事から、現場からのクレームに対し、同じ屋根の下にいる方々全員にお詫びをして回ります。
その際に、俺は関係ないとか、私はいなかったとの反応もあり、そのクレームの出所がわからない事にも困惑し、怯えていました。

ついには派遣先から撤収が決まり、事実上の戦力外通告をされ、本社事務所へと戻りました。
上長からは、「自分が何をやりたいのか、よく考えろ」といちばん苦手な余白のある命令を受けます。

本人は道筋見えなくなり、相談を受けましたので資格取得を提案しました。
今後に活かせる資格に挑戦。
他の人だと4カ月前後必要といわれる資格を、およそ1カ月で取得しました。

今後に活かせると思い、資格を取得し上長に報告しましたが「おめでとう」の一言。
その後、「求めていたのは、そういう事ではない」と叱責されました。

本人は混乱の極みです。
上長と話しをする事も嫌になっています。
明確な指摘なく、2時間前後の面談が続きます。

本当は、こういう事に気づいて欲しかったんだ…。
上長からは、後出しジャンケンが続きます。
その事で次は慮(おもんばか)ろうと、出来ない中で考えるので、混乱は更に増します。

就職に際して、アスペルガーの傾向がある事は、特に隠し立てをする事はありません。
取り組む業務の中で、何かひとつの事に集中出来れば能力が発揮できると考えていましたが、少し想像していた状況と違うようです。
通級の先生に「二男はアメリカで仕事する方がいい」と言われた事が、なんとなく頭の中で響き、繰り返されます。

いろいろな事を考えろ。
これを見て、感想を書け(その大部分は新入社員向けの、仕事への心構え動画との事)。
書いたその文書に、たっぷりお小言がついてきます。
仕事は何をするべきなのか、自分で考えろ。
なんとかひねり出し始めると、今はそれじゃないだろ。

会社の中で、二男の事を持て余している事がわかりすぎます。
二男も自分が戦力外通告となっている事を理解しています。
会社に行っても、取り組む仕事がないのは辛いでしょう。

出勤時はため息ばかり。
サザエさん症候群は繰り上がり、土曜日になると明後日は会社だと気持ちが沈みます。
切り替えが難しい状況です。

私のかかりつけ医は、ある企業で産業医を担っている事から、二男の事を相談しました。
診療内科医は相性もあるとの事。
薬の処方は慎重に判断されるが、吉と出るか、凶と出るかは、わからないとの事。

先週末、二男と転職を選択肢する事としました。
今度は間に立ってコーディネートしてくれる人がいます。
ありていに自分の状況を話し、よい仕事と出会う事を考えなければなりません。

本当に難しいです。
この事は続きます。

« 近頃親父が、昔の事を話す事があります。 | トップページ | アスペルガーの二男は今、厳しい局面にあります。vol.2「あいつ、辞めると言わないかな」 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 近頃親父が、昔の事を話す事があります。 | トップページ | アスペルガーの二男は今、厳しい局面にあります。vol.2「あいつ、辞めると言わないかな」 »