« 自らの人生を映すような、その哀しみを歌う。 | トップページ | 月曜の朝は、気持ちのエンジンを全開にする燃料が必要です。 »

2024年2月22日 (木)

福山雅治さん「福のラジオ」刷り込み。

Akatsuki201

学生時代から、ラジオが好きです。
現在、東京FMで14時から放送している福山雅治さんのラジオ番組「福のラジオ」。
番組名が「SUZUKI Talking F.M.」の頃から好きで聴いています。

長男が誕生したのが、1997年。
番組はその前の1996年スタートとネットにありました。

福のラジオは大好きで、聴くばかりですが毎週楽しみにしております。
週末車でお出かけ、車内での定番番組で、息子もよくわからない頃から聴いていました。

私は福山さんのアルバムで、「残響」と「HUMAN」が好きです。
これも週末のお出かけで、車内ではよく聴いていました。

そんな息子(長男)が先日結婚をしました。
結婚式はサプライズだらけで、事前には何もガイダンスはありませんでした。

結婚式で使う楽曲もいろいろ考えていた模様でしたが、非公開でした。
4歳からピアノを始め、音楽はいつもそばにある生活です。
福山さんの「家族になろうよ」はあるかな…と考えていました。

さて、ドレスへのお色直しの後、使った楽曲は…。
「蛍」でした。

親から見ると子供はいつまでも子供で、本人に大切な誰かが出来た時の事は、あまり想像が及びません。
やったなこいつ…。
福山さんの「蛍」の力を借りて、大切な誰かにそんな気持ちを伝えられる様になったのだ。
成長したんだな…と親父も感慨ひとしおです。

結婚式が終わり、帰りのタクシーの中で「蛍」を使っていた事を妻と話しました。
妻には意外ではなく、カラオケなどで息子は「道標」をよく歌うのだそうです。
幼い頃に刷り込んでしまいました。

ちなみに「家族になろうよ」も使わせて頂きました。
しかし、妻がいちばん感極まったのは、花束贈呈前の玉置浩二さん「しあわせのランプ」でした。
私は最後に両家を代表しての挨拶があったので、気持ちに余裕がありませんでした。

帰りに「蛍」が収録されているお得アルバム、「福の音」を買って帰りました。
結婚式の時の様々な所感は、別の機会に。

*この内容をモディファイして、番組にメールを初めて送りました。
 採用は極めて難しいと思いますが、ラジオへの投稿はおよそ30年ぶりでした。

« 自らの人生を映すような、その哀しみを歌う。 | トップページ | 月曜の朝は、気持ちのエンジンを全開にする燃料が必要です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自らの人生を映すような、その哀しみを歌う。 | トップページ | 月曜の朝は、気持ちのエンジンを全開にする燃料が必要です。 »