« ただ、少し乱暴者の様です(ルンバ780)。 | トップページ | 福山雅治さん「福のラジオ」刷り込み。 »

2024年2月20日 (火)

自らの人生を映すような、その哀しみを歌う。

Akatsuki201

Taylor Swiftが、日本でのライブとスーパーボウルで、週末の様々なテレビ番組で取り上げられていました。
いくつも素晴らしい楽曲があり、私も大好きです。
お気に入りは「Enchanted」です。
イントロと楽曲の内容が、とても切ないです。

しかし、50歳を過ぎたおじさんからすると、もう忘れてしまった青い気持ちもあります。
そんな中でも、彼女の楽曲に普遍的な思いを感じるので、おじさんも魅了されてしまうのだと思います。

Olivia Newton-Johnを思い出しました。
私は「Xanadu」Olivia Newton-John & Electric Light Orchestraで知りました。
その後だと思いますが、、なんたって「Physical」がヒットし、あのPVを様々な番組で観ました。

当時、ヘヴィメタルキッズだった私は、世間が騒ぐほど気になりませんでした。
この楽曲のヒットの後に、まもなくMADONNAがデビュー、Michael Jacksonの「Thriller」発売と賑やかになったと思います。

私はOlivia Newton-Johnの楽曲で「sam」と「i honestly love you」が大好きです。
少し大人になってから、「sam」のさびしい事に対する正直な思い。
「i honestly love you」の心から愛している。
でも、ふたりで生きて行く事は出来ない。
Olivia Newton-Johnの自らの人生を映すような、その哀しみを歌うメロディは勿論、その声に魅了されました。

昨晩はアルバム「BACK TO BASICS」を聴きました。
「i honestly love you」は3回リピート。
静かな部屋に響きます。

23時ぴったりに、聴き終わりました。

あなたの新しい歌は、もう聴く事が出来ないけれど、今もあなたの歌が大好きで、心震えるのです。
大人になってから聴いたあなたの歌はきっと、誰もが抱く思いに同じで、そんな人々を癒し、勇気づける事に気づきました。
今夜、小さな部屋で、私が心震える様に、世界のどこかにもきっと、今夜私と同じ人がいるでしょう。

« ただ、少し乱暴者の様です(ルンバ780)。 | トップページ | 福山雅治さん「福のラジオ」刷り込み。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ただ、少し乱暴者の様です(ルンバ780)。 | トップページ | 福山雅治さん「福のラジオ」刷り込み。 »