« 「ジョンの魂」 (John Lennon/Plastic Ono Band)が聴きたくなりました。 | トップページ | 自分の子の涙も、他の子の涙も変わらない。 »

2024年1月25日 (木)

私が森雪の親父なら、そりゃないだろおまえ…と思います。

Photo_20240127180601

昨年末、宇宙戦艦ヤマトの4Kリマスターシリーズを映画館で観ました。
幼い頃、映画館では観る事がかなわず、ついに積年の思いが、思わぬ形で実現する事となりました。

仕事が終わってからのレイトショーです。
なぜか鑑賞中に、少し寝てしまいました。
仕事は少し、スケジュールが詰まっている状況でした。
レイトショーを観に行く事は出来ます。
疲れていたのか…。
ワクワクしていたのに…。

以前とは観る視点が変化している事に気がつきました。
幼い頃は、古代進の視点です。
しかし今般は、艦長の沖田十三の視点で観ている事が多い事に気づきました。
どんな危機にも、決してあきらめる事なく、絶望をしない。
その沖田十三の姿に、新たな魅力を見出し、やっぱりこの物語が好きなのだなと改めて思いました。

特にイスカンダルに到着して、全員にお礼を言う場面。
自身も事業年度末などに、仲間にいろいろ伝える事がありますが、これが原点なのかな思いました。

宇宙戦艦ヤマトの美しい姿も好きです。
これと波動エンジンの音が好きです。

そして年明け。
こちらも幼い頃、映画館では観る事がかなわず、ついに積年の思いが、思わぬ形で実現する事となりました。

母方の祖母に物語のカセットテープを買ってもらい、いろいろな本に特集されるのを眺めていました。
懐かしい。
映画を観に行けた友達が羨ましかったです。

こちらも視点が変わっていました。

先ず、森雪の気持ち。
結婚式を数日後に控え、楽しみにしている。
ところが、旦那は宇宙の危機と叫んで仲間を募り、さあ行こうと拳を振り上げている。

私が森雪の親父なら、そりゃないだろおまえ…と思います。
娘が不憫です。

古代進は森雪に「わかってくれ」と言います。
森雪は理解を示しますが、ふざけるな、理解は示しても納得は出来ない…だと思います。
この辺りは、昭和のベビーブーム世代が作るので、昭和の親父感が満載です。

加えて、森雪は戦場で亡くなってしまいます。
え〜っ、ちょっと不幸が満載過ぎませんか?

それから仲間が次々と亡くなって行く。
これは幼い時にテレビで観た時も驚愕でしたが、大人になるとなお更に辛いです。

とどめには、自らの命を犠牲にする。
松本零士氏が「若者が死んではいけない」と言ったとか、言わなかったとか。
反物質の人がお役に立つなら、その人だけではダメですか?

最後に「やっと二人きりになれたね」って、そんな気あったんですか?
心に疑念が…。

でも、当時の物語のスケールに驚愕した事。
アンドロメダとか、新しいメカに狂喜した事。
どんでん返しが続くストーリー。

これはやっぱり楽しく観ました。
今でも、超巨大戦艦が現れた後、古代進とズオーダ大帝のやり取りを、一言一句再現出来ます。

テレビで放映した宇宙戦艦ヤマト2は映画と異なる結末でした。
地球人が降伏を決めて使節団が彗星帝国に向かう直前、ヤマトが現れます。
それは今でも、心に残るシーンです。
この版は仲間を多く失いますが、若者が生き残ります。

やっぱり、私は宇宙戦艦ヤマトが大好きです。

宇宙戦艦ヤマトは私の青春です。

« 「ジョンの魂」 (John Lennon/Plastic Ono Band)が聴きたくなりました。 | トップページ | 自分の子の涙も、他の子の涙も変わらない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ジョンの魂」 (John Lennon/Plastic Ono Band)が聴きたくなりました。 | トップページ | 自分の子の涙も、他の子の涙も変わらない。 »