« 朝井リョウさんの「どうしても生きる」で、どうしても生きる。 | トップページ | 雨の日に傘をさしかける。 »

2023年6月 1日 (木)

どちらが本当なのか?夢と現実の狭間。

Akastuki180

選手末、別宅から自宅に帰った時の事。
就寝中に私は唸っていたとの事。
本人は気づいていません。

しかし、とても不思議で愉快な夢を見たので、目覚めた時に記録しておきました。

私は警察組織に勤務しています。
今度、容疑者をおびき出し引き込むために、クラブを運営する事となったのです。
ナイトクラブです。

そのクラブの名前は「柔道(やわらみち)」です。

私はこんな作戦が成功するのか、訝しく思っています。
ところが、ゴキブリホイホイよろしく、容疑者ホイホイで逮捕が続くのです。
しばらく世間様に出てこれない事を察し、最後にみんな遊びに来るのです。

やっぱり、ホステスがきれいで優秀だからと、ホステス同士で話しています。
しかし、店内を振り返ってみると、そのホステスはサンドウィッチマンのふたりが女装しているのです。

デカルトは今自分が生きていると思っている現実の方が夢。
夢だと思っている方が現実。
確信が得られない事で、惑わされた事があります。

確信が得られないので、本当は私は警視庁勤務なのかもしれない。
今、こうして記事を書いている自分が、夢の中の住人かもしれない。

なんだか、ややこしい。

« 朝井リョウさんの「どうしても生きる」で、どうしても生きる。 | トップページ | 雨の日に傘をさしかける。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝井リョウさんの「どうしても生きる」で、どうしても生きる。 | トップページ | 雨の日に傘をさしかける。 »