« 昨日までがあり、今日があり、その時があり、明日があります(土門拳記念館)。 | トップページ | 物語の初恋も、現実の初恋も、実らない事が多い。 »

2022年10月23日 (日)

ゴッホの生涯とブラームスピアノ協奏曲第2番第2楽章。

Akatsuki142

ブラームスのピアノ協奏曲は大好きで、聴く頻度も多いです。
そのドラマチックなメロディに魅了されます。

少し前ですが、角川武蔵野ミュージアムで「ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー」を観ました。
上演というのが、マッチした表現なのかもしれません。

そこで、ブラームスのピアノ協奏曲第2番の第2楽章が利用されます。
それはゴッホの生涯と重なる様で、なぜかしっくりくるのです。

ゴッホとブラームスがどこで交錯しているのか…という命題はさておき、今般の企画展での選択です。

映画「永遠の門 ゴッホの見た未来」を観た時の思いです。
その映画の中で、こんなゴッホの台詞があります。

もしかしたら神は…時を間違えたのだと。
未来の人々のために神は、僕を画家にした。
人生は種まきの時で、収穫の時ではないという。
映画「永遠の門 ゴッホの見た未来」より
(一部抜粋)

このセリフはイエスの生涯と重ねて、ゴッホが話をします。
死後、本人が話していた通りの事となる事は今の歴史が証明しています。

こんな言葉を、こんな意思を持つほどに達観したのか。
その思いが、本人を支えていたのか。
哀しみの果てに、何を見据えていたのだろう。

到底わからない思いに、思いを巡らす週末でした。

Akatsuki143

そこで、ブラームスのピアノ協奏曲第2番の第2楽章。
それはゴッホの生涯と重なる様で、なぜかしっくりくるのです。

人生は種まきの時で、収穫の時ではないという。

« 昨日までがあり、今日があり、その時があり、明日があります(土門拳記念館)。 | トップページ | 物語の初恋も、現実の初恋も、実らない事が多い。 »

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日までがあり、今日があり、その時があり、明日があります(土門拳記念館)。 | トップページ | 物語の初恋も、現実の初恋も、実らない事が多い。 »